相鉄・JR直通線、相鉄・東急直通線

  • ホーム
  •  > 

    事業に関するお知らせ

 相鉄・JR直通線は、相鉄本線西谷駅とJR東海道貨物線横浜羽沢駅付近間に連絡線(約2.7km)を新設し、この連絡線を利用して相鉄線とJR線が相互直通運転を行うものです。また、相鉄・東急直通線は、JR東海道貨物線横浜羽沢駅付近と東急東横線・目黒線日吉駅間に連絡線(約10.0km)を新設し、この連絡線を利用して相鉄線と東急線が相互直通運転を行うものです。

直通線路線図
直通線に関する事業概要
相鉄JR直通線について 相鉄東急直通線について
整備区間 相鉄本線西谷駅~
JR東海道貨物線横浜羽沢駅付近(約2.7km)
JR東海道貨物線横浜羽沢駅付近~
東急東横線・目黒線日吉駅(約10.0km)
開業予定時期 平成31年度下期 平成34年度下期
整備主体 鉄道・運輸機構 鉄道・運輸機構
営業主体 相模鉄道(株) 相模鉄道(株)・東京急行電鉄(株)
運行区間 海老名駅・湘南台駅~西谷駅~
羽沢駅(仮称)~新宿方面
海老名駅・湘南台駅~西谷駅~羽沢駅(仮称)~新横浜駅(仮称)~新綱島駅(仮称)~日吉駅~渋谷方面・目黒方面
運行頻度 朝ラッシュ時間帯:4本/時 程度
その他時間帯:2~3本/時 程度
朝ラッシュ時間帯:10本~14本/時 程度
その他時間帯:4~6本/時 程度
主な事業の流れ
速達性向上計画の大臣認定
工事施行認可等の諸手続き
都市計画決定
環境影響評価手続き
用 地 取 得
工     事
開     業
速達性向上計画の大臣認定
工事施行認可等の諸手続き
都市計画決定
環境影響評価手続き
用 地 取 得
工     事
開     業

※太枠が現在の段階です。

これまでの経緯と今後の予定

平成12年1月

運輸政策審議会答申第18号において、神奈川東部方面線が、平成27年までに開業することが望ましい路線(A1路線)として位置づけられる。


平成17年8月

都市鉄道等利便増進法が施行される。


平成18年6月

相鉄・JR直通線、相鉄・東急直通線について、都市鉄道等利便増進法に基づく営業構想・整備構想の認定を国土交通大臣より受ける。


平成18年11月

相鉄・JR直通線について、都市鉄道等利便増進法に基づく速達性向上計画の認定を国土交通大臣より受ける。


平成19年4月

相鉄・東急直通線について、都市鉄道等利便増進法に基づく速達性向上計画の認定を国土交通大臣より受ける。